自動車の事故に遭ったら行うこと

自動車保険では、1事故1人担当制をとるところを選びたいです。1人が最初から最後まで担当してくれます。

自動車の事故に遭ったら行うこと

自動車保険において1事故1人担当制

たらいまわしを受けると言うことがあります。あるところに電話をかけるととりあえず要件を聞いてくれます。すべて聞いた上で、担当が違うので交替すると言われます。交替したのは良いのですが、また同じ説明をします。するとまた担当が違うと別の人に交替となります。このようにして時間がかかってしまうということです。もちろんこのようにされた人はたまりません。一方、受けたほうは、なかなか体制が取れていないと言うことがあるのかもしれません。

会社において、客先を担当するということがあります。このとき、必ず1人の営業担当者が担当するということになります。ですから、ある客先から電話がかかってきたら、その担当者に回すようにすれば良いのです。そうすればそこで解決することになります。もし電話を受けた人がいちいち解決しようとするなら、自分の得意分野ではないということでたらい回しになってしまうかもしれません。お客さんもしびれをきらしてしまうことになります。

自動車保険においてはどういう体制のところが良いかです。このとき、1事故1人担当制というところがあります。これは会社の営業担当が付いてくれるようなものになるでしょう。ですから、最初に担当者が紹介されて、すべてはその人を窓口にすることになります。あることは別の担当者、別のことはさらに別の担当者と言うことにはならないということです。最後まで担当してくれるということで、安心感を得ることができることになります。
おすすめ

Copyright (C)2017自動車の事故に遭ったら行うこと.All rights reserved.